風俗の絶対時間

 >  > 僕もそれに応戦するような形で腰を動かせ、あっという間に発射してしまいました。

僕もそれに応戦するような形で腰を動かせ、あっという間に発射してしまいました。

軽くあいさつしたあと上着をハンガーに掛けてもらい、飲み物のリクエストを聞かれます。ウーロン茶で喉を潤してる間にソープ嬢はお風呂の準備等に忙しく動くので少々落ち着きません、入室してからソープ嬢との距離が縮まらないのはちょっとさみしい感じ。自分で脱衣で服をたたんでもらいますが、ここでも特段何もなしでやっぱり距離が遠い感じです。ようやく準備ができたので椅子に座り洗ってもらいます・・・ようやくここで密着プレイの開始です。ソープ嬢はすでに素っ裸となっていて、体に泡をたくさんつけておっぱいをタオル代わりにがしがしこすってくれます。そのあとは浴槽につかり潜望鏡です。なんとなく宙に浮いてる感じでのフェラチオはとても気持ちがよく、文字通り夢見心地となります。マットプレイををリクエストしたので浴槽から出て、マットに寝転がりそこからローションプレイに移ります。体を密着させてぬるぬるとなまめかしく動きます。ところどころで合体寸前となるでの、「そろそろいい?」というと足をからみつかせて体を固定させて激しく腰を使ってきます。僕もそれに応戦するような形で腰を動かせ、あっという間に発射してしまいました。

[ 2016-01-25 ]

カテゴリ: ソープ体験談